スケジューリングにもフリーランス成功の秘訣が!

フリーランス職種百科

あらゆる職種でフリーランスが活躍中です!

最新の記事
カテゴリー

フリーランスに効果的なスケジューリング

フリーランスに効果的なスケジューリング

LINEで送る
Pocket

スケジュールには遊びが必要

社会人の中には、「仕事は段取り八分」と聞いて、耳の痛い思いをされる人も少なくないでしょう。わかっていても、事前にどれほど入念なスケジュールを組み立てたつもりでも、いつの間にやら作業は遅れて徹夜でなんとか乗り切るという経験を、したくて繰り返す人はいないのです。そして反省の弁としては、「不測の事態が起きた」とか「準備不足だった」とか「もう少し余裕があれば」といったような、判り切った繰言を持ち出す他はないでしょう。原因はもちろん単純で、見通しが甘かったということに尽きるのです。もっとも会社で組織として仕事を進めるのであれば、上司やチームリーダーがある程度目を光らせていたり、相互のコミュニケーションから手助けが必要であれば早めに対処するなどの手の打ちようがあるのですが、フリーランスで仕事をしているとなると、自分が無理をすれば済むとついつい考えがちなものです。しかし、むしろフリーランスであれば尚のこと、自分の代わりはどこにもいないというリスクを、敢えて発注元に被せる様な無謀なことはできません。「もし急な仕事が入ったら」「もし体調を崩したら」という「もし」という自分の内なる声に耳を傾けつつ、一方ではこれまでの実績からある程度の工程見積もりをできるだけ正確に弾き出して、スケジュールの空きに少し不安を覚えるぐらいの余裕を持った時間配分で実はちょうど良いということを自覚することが大切です。

フリーランスの仕事の波

フリーランスは会社員のように、出社すれば仕事がいつでもあるというわけには行きません。今受注している仕事をこなしつつ、自らの営業で次の仕事を獲得しなければならないのです。従って目の前のタスクに集中するあまり、次につながる布石を打つことを忘れてしまっては、仕事の完成と同時に将来の不安がどっと押し寄せるという、精神衛生上非常に良くない状態を迎えることになりかねません。もちろん社会情勢の波もありますし、これだけ世界が狭くなった現代において、何が災いするのか、将来予測を立てることは困難です。そこでついつい掴めるうちに掴んでおこうとばかりに、無理に仕事を受注してしまえば、延々と短距離走のダッシュを繰り返すようなもので、とても長続きはしません。やはりここは、マラソンのように長い道のりを完走するだけの体力を温存しながら、時には思い切ってリフレッシュするための時間を確保して、モチベーションを維持し続けるという姿勢が大切です。フリーランスの場合には、予定していたスケジュールが延期になったりキャンセルになって、思いがけぬ休みが突然降って沸いたように訪れることがあるものです。そんな時はここぞとばかりに中々手をつけられなかった読書に費やすなど、有効な活用法に困ることはありません。

最近の記事

フリーランスのエンジニア

プログラマやシステムエンジニアなどのIT系エンジニアは、業界全体的に常に人材不足に悩まされています。また業種的な特徴として、雇用するよりもフリーエンジニアを起用する方が合理的なケースも多いことから、今のところフリーエンジニアのニーズは途絶えることがありません。 詳しく読む

フリーランスに効果的なスケジューリング

フリーランスとしての仕事を順調にこなすためには、スケジューリングが肝になります。これがうまく回せないと、自分の首を絞めるだけでなく、最悪の場合はクライアントに迷惑をかけてしまったり、信用が失墜したり、自分自身が体を壊すことになるなど、フリーランスライフの継続が危うくなることすらあります。 詳しく読む

フリーランスの価値を上げるテクニック

立場の弱さや収入源を失うかもしれないという恐怖心などから、つい弱腰になったり卑屈になったり下手に出すぎてしまうフリーランスもいますが、それではいつまで経っても自分自身の価値を上げることはできません。謙虚であることと安売りすることは違います。無茶な値引き交渉に応じてしまったりすることのないよう、自信をもつことも大切です。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーランスになるには?

フリーランスのデメリットは、会社員に比べて社会的地位が圧倒的に低いこと、そして収入が不安定であることです。社会的信用が高く、毎月一定の給料も入る会社員のうちに準備しておけることは準備しておきましょう。フリーランスになると、あらゆることを自分ひとりの力でこなしていくことになるという覚悟も大切です。 詳しく読む

フリーランスになるとはどういうことなのか

「フリーランスになること」は誰にでもできますが、「フリーランスという働き方を維持継続する」となると、簡単なことではありません。手に入る自由と同時に、それ以上の責任を背負うことになる覚悟が必要です。フリーランスになってみて初めて、自己管理の難しさに気付く人も少なくありません。 詳しく読む

フリーランスのジャーナリスト

インターネットが普及したことにより、ジャーナリストやライターなどの職種もますますフリーランスとして活躍しやすい環境になっています。その分、競合も多いレッドオーシャンであることは認識しておく必要があります。プロのフリーランスとして活躍、成功するためにはそこそこの文章が書けるだけではまったく太刀打ちできません。 詳しく読む

ページトップ
Copyright © 2015 フリーランス職種百科 All Rights Reserved.