マルチタスクは当たり前!フリーランスは複数案件を同時にこなす

フリーランス職種百科

あらゆる職種でフリーランスが活躍中です!

最新の記事
カテゴリー

複数の案件を同時にこなすフリーランスへ

複数の案件を同時にこなすフリーランスへ

LINEで送る
Pocket

スケジュール管理をしっかりと

フリーランスやクラウドソーシングで働く労働者の中には、複数の案件を持つことが多々あることでしょう。そんな時には、スケジュール帳などを用いて納期や返信のタイミングをしっかりと定めることが重要です。パソコンで利用できるタイプでも良いですし、手帳タイプでも良いでしょう。納期は赤色、案件1は青、案件2は緑などマイルールを決定すると、より作業は効率化されます。もし、スケジュール上無理な案件や要望があったならば、綺麗に線引きをして断る勇気を持つことも大切です。オーバーワークが続いては本業であっても副業であっても、肉体か精神を壊してしまうからです。このような計画的なワークスタイルがクライアントにとってもメリットが高いことは想像に難しくありません。

繁忙期とリラックス期間を織り込んだワークスタイルを

大きめの案件があった場合、それも複数重なった場合には管理が非常に大変です。しかし、そこを多少睡眠時間を削っても行うと、当然ながら報酬額が多くなります。実績や自信、複数案件を乗り切ったという経験を持つことにもつながりますので、無理のない繁忙期を「あえて」持つというスタイルも事実多くのフリーランスワーカーが採用しています。そして、依頼が少ない、又は無い時には思い切ってリフレッシュすると次の仕事への英気を養えます。納期に追われずに、学習したりスキルアップする期間としても良いですし、旅行やドライブ、ショッピングなどで気分転換するのも良いでしょう。ゆっくり読書をしていると途端にアイデアが出てくることもしばしばあります。緩急をつけて仕事をした方がメリハリが付くので、高いモチベーションの維持に繋がります。

休憩時間やコミュニケーションの時間を確保しよう

PCに向かって作業をするタイプのフリーランスでは、どうしても運動不足になったり、休憩を取らずに根詰めてしまう時期があります。クライアントのため、賃金のため、自分の評価を上げるためなど気持ちは分かりますが、どんな企業でも休憩時間は定まっています。3時間置きに目を休める、食事の時間は少し気を休めてテレビでも見ることを実行してみてください。同じ姿勢での作業は効率を落とすためお風呂などで背中から首を温めるのも良いでしょう。休憩をとると、総合的な生産性は落ちずに気持ちが楽になっている自分に気がつくはずです。また、どうしてもクライアント以外との連絡をしない生活になりがちとなります。習い事や地域のコミュニティーなどに積極的に参加し、人間からの感情のある刺激をもらうようにしましょう。一人で悩んでいることを吐露できたり、会話すること自体がストレス解消になることがあるからです。

最近の記事

フリーランスのエンジニア

プログラマやシステムエンジニアなどのIT系エンジニアは、業界全体的に常に人材不足に悩まされています。また業種的な特徴として、雇用するよりもフリーエンジニアを起用する方が合理的なケースも多いことから、今のところフリーエンジニアのニーズは途絶えることがありません。 詳しく読む

フリーランスに効果的なスケジューリング

フリーランスとしての仕事を順調にこなすためには、スケジューリングが肝になります。これがうまく回せないと、自分の首を絞めるだけでなく、最悪の場合はクライアントに迷惑をかけてしまったり、信用が失墜したり、自分自身が体を壊すことになるなど、フリーランスライフの継続が危うくなることすらあります。 詳しく読む

フリーランスの価値を上げるテクニック

立場の弱さや収入源を失うかもしれないという恐怖心などから、つい弱腰になったり卑屈になったり下手に出すぎてしまうフリーランスもいますが、それではいつまで経っても自分自身の価値を上げることはできません。謙虚であることと安売りすることは違います。無茶な値引き交渉に応じてしまったりすることのないよう、自信をもつことも大切です。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーランスになるには?

フリーランスのデメリットは、会社員に比べて社会的地位が圧倒的に低いこと、そして収入が不安定であることです。社会的信用が高く、毎月一定の給料も入る会社員のうちに準備しておけることは準備しておきましょう。フリーランスになると、あらゆることを自分ひとりの力でこなしていくことになるという覚悟も大切です。 詳しく読む

フリーランスになるとはどういうことなのか

「フリーランスになること」は誰にでもできますが、「フリーランスという働き方を維持継続する」となると、簡単なことではありません。手に入る自由と同時に、それ以上の責任を背負うことになる覚悟が必要です。フリーランスになってみて初めて、自己管理の難しさに気付く人も少なくありません。 詳しく読む

フリーランスのジャーナリスト

インターネットが普及したことにより、ジャーナリストやライターなどの職種もますますフリーランスとして活躍しやすい環境になっています。その分、競合も多いレッドオーシャンであることは認識しておく必要があります。プロのフリーランスとして活躍、成功するためにはそこそこの文章が書けるだけではまったく太刀打ちできません。 詳しく読む

ページトップ
Copyright © 2015 フリーランス職種百科 All Rights Reserved.