どんな人に向いている?フリーランスになるには?

フリーランス職種百科

あらゆる職種でフリーランスが活躍中です!

最新の記事
カテゴリー

フリーランスになるには?

フリーランスになるには?

LINEで送る
Pocket

フリーランスと無職は紙一重

サラリーマンが決して気楽な商売ではなくなり、ブラック企業の悲惨な現状を訴える声も少なくない昨今ですが、それでもフリーランスになる決心をするのには勇気が必要です。もっともフリーランスとして独立起業するというのは、手続きとしては極めて簡単です。今現在勤めている会社を退職して、保険を国民健康保険に切り替え、税務署に個人事業主としての開業届を提出すれば良いのです。問題は、それからの生活に必要な収入をどうやって確保するのかという点です。フリーランスといえば、聞こえは良いのですが、収入が無ければ無職を意味します。そのためフリーランスになるためには、覚悟と準備が欠かせないのです。

フリーランスになるための準備とは

まずはフリーランスになるまでに、起業後1年分ぐらいの生活費は貯金しておくことです。例えば今在籍している会社から外注で仕事を回してもらえるほどの独自の技術があるのであればいざ知らず、フリーランスになって営業をしても中々受注に結び付けることは難しいのです。思わず焦って目先の仕事を不利な条件で受注せざるを得なくなると、その顧客に対してはその後にも条件を有利に変更させるのは至難の業になるのです。また、会社員としてある程度の収入を得ていた場合には、開業初年度に結構な金額の保険料や年金の掛け金を支払わなければならない計算になります。もちろんそれまでの勤務年数に応じて失業保険を受け取ることが出来るはずですが、失業保険は次もサラリーマンになるために雇用先を探すことが前提であるため、基本的に開業すると決めているのであれば、失業保険の受給も微妙なのです。従ってその分もあらかじめ準備しておかなければ、振替用紙を見て慌てる羽目になります。またフリーランスは会社員以上に体が資本であり、自分が動けなくては何も進まないため、病気になっている暇はありません。

フリーランスになって生きる人脈

フリーランスとして仕事を受注するということは、個人としての自分を指名してもらうということです。もちろん契約社員や派遣社員のような立場に極めて近い形で仕事をする人も少なくありません。しかし、身近な知り合いからの紹介でこつこつと仕事をしながら、その成果によって更に仕事を紹介してもらうというように、それまでの人脈から仕事を受注することが多いのです。もっとも受注先が一つというのは、極めてリスクの高い状態と言えます。安定的に仕事を受注できればよいのですが、その顧客と切れてしまえば新たな顧客を開拓しなければならないからです。従って会社員の時代から社内外を問わず広く人と交流して、自らの技術や知識を売り込み、あるいは最新の情報に触れておくことで業務内容を広げておくことが必要です。

最近の記事

フリーランスのエンジニア

プログラマやシステムエンジニアなどのIT系エンジニアは、業界全体的に常に人材不足に悩まされています。また業種的な特徴として、雇用するよりもフリーエンジニアを起用する方が合理的なケースも多いことから、今のところフリーエンジニアのニーズは途絶えることがありません。 詳しく読む

フリーランスに効果的なスケジューリング

フリーランスとしての仕事を順調にこなすためには、スケジューリングが肝になります。これがうまく回せないと、自分の首を絞めるだけでなく、最悪の場合はクライアントに迷惑をかけてしまったり、信用が失墜したり、自分自身が体を壊すことになるなど、フリーランスライフの継続が危うくなることすらあります。 詳しく読む

フリーランスの価値を上げるテクニック

立場の弱さや収入源を失うかもしれないという恐怖心などから、つい弱腰になったり卑屈になったり下手に出すぎてしまうフリーランスもいますが、それではいつまで経っても自分自身の価値を上げることはできません。謙虚であることと安売りすることは違います。無茶な値引き交渉に応じてしまったりすることのないよう、自信をもつことも大切です。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーランスになるには?

フリーランスのデメリットは、会社員に比べて社会的地位が圧倒的に低いこと、そして収入が不安定であることです。社会的信用が高く、毎月一定の給料も入る会社員のうちに準備しておけることは準備しておきましょう。フリーランスになると、あらゆることを自分ひとりの力でこなしていくことになるという覚悟も大切です。 詳しく読む

フリーランスになるとはどういうことなのか

「フリーランスになること」は誰にでもできますが、「フリーランスという働き方を維持継続する」となると、簡単なことではありません。手に入る自由と同時に、それ以上の責任を背負うことになる覚悟が必要です。フリーランスになってみて初めて、自己管理の難しさに気付く人も少なくありません。 詳しく読む

フリーランスのジャーナリスト

インターネットが普及したことにより、ジャーナリストやライターなどの職種もますますフリーランスとして活躍しやすい環境になっています。その分、競合も多いレッドオーシャンであることは認識しておく必要があります。プロのフリーランスとして活躍、成功するためにはそこそこの文章が書けるだけではまったく太刀打ちできません。 詳しく読む

ページトップ
Copyright © 2015 フリーランス職種百科 All Rights Reserved.