多彩な職種でフリーランスが活躍中!フリーランスという働き方を紹介します

フリーランス職種百科

あらゆる職種でフリーランスが活躍中です!

最新の記事
カテゴリー

フリーランスに興味がある人へ!

独立してフリーランスになりたい気持ちはあるものの、何から始めればいいの?という人に向けて、フリーランスという働き方の実態とフリーランスになるまでの道のり、そして職種別の収入目安などを紹介していきます。独立すること自体は簡単で誰にでもできますが、大変なのはその後です。踏み出したフリーランスライフを長く維持できるよう、独立前から着々と準備を進めましょう。

フリーランスに興味がある人へ!の記事一覧

フリーランスになるには? フリーランスになるには?

フリーランスになるには?

フリーランスになるのは、手続きとしては至って簡単です。しかし、生活して行くためには仕事を受注しなければならず、その際には知り合いからの紹介というのも少なくありません。従って会社員時代に人脈を社内外に広げておき、自らの腕を売っておくことが必要になります。そしていざフリーランスになってもすぐに仕事を受注できる当てが無いのであれば、最低でも1年ぐらいの生活費はあらかじめ確保しておいた方が良いでしょう。体が資本であるのは言うまでもありませんが、焦って不利な条件で受注すれば後々にまで響きます。また、保険や年金の掛け金も、会社員時代の収入によっては初年度からかなりの額を覚悟しなければなりません。

フリーランスになるとはどういうことなのか フリーランスになるとはどういうことなのか

フリーランスになるとはどういうことなのか

フリーランスとして働くためには、自己管理が重要です。会社であれば上司の指示に絶対服従するところを、フリーランスでは自分が自分の上司になって管理する他ありません。そして、自分の得意分野に限らず総務、経理や営業といったすべての分野に渡って、基本的には自分で対応しなければならないのです。従って各業務に対して、就業時間を意識的に割り振る必要があります。そして自らの生活を守るためには、業務の柱となる定期収入を確保しつつ、リスクを分散させてオーバーワークに陥らないよう注意するとともに、妥当な報酬を受け取るべく時には顧客に主張しなければなりません。

フリーランスの収入ってどれくらい? フリーランスの収入ってどれくらい?

フリーランスの収入ってどれくらい?

デザイナーはデザインだけを行うのか、それ以外も行うのかによって必要経費が大きく異なります。翻訳家はどの言語を扱うかによって単価が異なります。特に英語は話せる人が増えてきていることもあってか、その単価が以前の半分近くまで割れこむこともあるようです。原文がある特定の専門知識を必要とするような場合は今でも高い単価を維持できています。エンジニアはITバブル以降は厳しい状況になってきていますが、こちらもどこまで請け負うかによって状況は異なるようです。設計・実装を行って実績を積んでいったり、参入者の少ない分野を狙うことが差につながっています。

最近の記事

フリーランスのエンジニア

プログラマやシステムエンジニアなどのIT系エンジニアは、業界全体的に常に人材不足に悩まされています。また業種的な特徴として、雇用するよりもフリーエンジニアを起用する方が合理的なケースも多いことから、今のところフリーエンジニアのニーズは途絶えることがありません。 詳しく読む

フリーランスに効果的なスケジューリング

フリーランスとしての仕事を順調にこなすためには、スケジューリングが肝になります。これがうまく回せないと、自分の首を絞めるだけでなく、最悪の場合はクライアントに迷惑をかけてしまったり、信用が失墜したり、自分自身が体を壊すことになるなど、フリーランスライフの継続が危うくなることすらあります。 詳しく読む

フリーランスの価値を上げるテクニック

立場の弱さや収入源を失うかもしれないという恐怖心などから、つい弱腰になったり卑屈になったり下手に出すぎてしまうフリーランスもいますが、それではいつまで経っても自分自身の価値を上げることはできません。謙虚であることと安売りすることは違います。無茶な値引き交渉に応じてしまったりすることのないよう、自信をもつことも大切です。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーランスになるには?

フリーランスのデメリットは、会社員に比べて社会的地位が圧倒的に低いこと、そして収入が不安定であることです。社会的信用が高く、毎月一定の給料も入る会社員のうちに準備しておけることは準備しておきましょう。フリーランスになると、あらゆることを自分ひとりの力でこなしていくことになるという覚悟も大切です。 詳しく読む

フリーランスになるとはどういうことなのか

「フリーランスになること」は誰にでもできますが、「フリーランスという働き方を維持継続する」となると、簡単なことではありません。手に入る自由と同時に、それ以上の責任を背負うことになる覚悟が必要です。フリーランスになってみて初めて、自己管理の難しさに気付く人も少なくありません。 詳しく読む

フリーランスのジャーナリスト

インターネットが普及したことにより、ジャーナリストやライターなどの職種もますますフリーランスとして活躍しやすい環境になっています。その分、競合も多いレッドオーシャンであることは認識しておく必要があります。プロのフリーランスとして活躍、成功するためにはそこそこの文章が書けるだけではまったく太刀打ちできません。 詳しく読む

ページトップ
Copyright © 2015 フリーランス職種百科 All Rights Reserved.