文章を書く仕事、フリーランスのジャーナリスト・ライターが人気です

フリーランス職種百科

あらゆる職種でフリーランスが活躍中です!

最新の記事
カテゴリー

フリーランスのジャーナリスト

フリーランスのジャーナリスト

LINEで送る
Pocket

ペンは剣よりも強し

テレビや新聞報道の他に、最近ではネットでリアルに報道されるニュースには、フリーランスのジャーナリストの手によるものも少なくありません。たった一枚の報道写真が、超大国の国家政策を覆すこともあるというのは、これまでの歴史が証明しています。日本国憲法に保障される「国民の知る権利」を支える「報道の自由」は、決して完全な自由を享受するものではありませんが、大変な苦難の末に獲得した自由であることは説明するまでもないでしょう。悲惨な現実を敢えて直視して世に広く伝えようという高い信念によって、命の危険に晒されながらも果敢に報道を試みるジャーナリストの中でも、企業に雇用されていれば安全を優先されて手が届かない真実を、フリーランスは自らのリスクにおいて掴み取ります。

フリージャーナリストの活躍の場

戦争報道でよく耳にするフリージャーナリストという存在ですが、国内でももちろん活躍しています。もっとも海外とは異なって日本では、やはり名のある大手報道機関に所属しているという肩書が物を言う風潮がまだまだ色濃く残っており、フリーランスは相対的に地位が低いという印象は否めません。しかし、大きなスクープも外部のフリーランスから持ち込まれた記事を元に、社内ジャーナリストが調査を進めて大手機関が報道するに至るということもあって、フリーランスが各地で独自の人脈や鋭い嗅覚を武器に、一ジャーナリストとしての使命を果たすべく日々奮闘しているのです。

フリーライターの活躍の場

ジャーナリストとは真実を報道するという使命を帯びていますが、同じペンを武器にする者として、いわゆる「物書き」と呼ばれるライターにも、特定の組織に属さないフリーランスの活躍の場が広く開放されています。まず記者やコラムニストなどは、新聞や雑誌などの紙面を中心に活躍するライターです。記者は取材を基に文章を作成し、コラムニストは一定のテーマについて説明する文章を作成するという違いがあります。そして近年の急速なネットの普及を受けて、オンライン上で情報を発信するウェブライターやブログライターもいます。ウェブライターはウェブ全体に関わるのに対して、ブログライターはブログの中に留まるという違いはありますが、いずれもオンライン上が主戦場であるため、コンピュータの専門知識がある程度必要になります。今や情報の鮮度と量において、ネットは紙面を大きく突き放しており、情報発信する上で重要な媒体に成長しています。更についつい口ずさんでしまうテレビコマーシャルのキャッチコピーなどを考える、コピーライターも忘れることが出来ません。その出来栄え次第では商品の売り上げを大きく左右するため、有名コピーライターが引っ張りだこになる一方で、無名のライターの新鮮な感覚が人の心を捉える例も少なくありません。

最近の記事

フリーランスのエンジニア

プログラマやシステムエンジニアなどのIT系エンジニアは、業界全体的に常に人材不足に悩まされています。また業種的な特徴として、雇用するよりもフリーエンジニアを起用する方が合理的なケースも多いことから、今のところフリーエンジニアのニーズは途絶えることがありません。 詳しく読む

フリーランスに効果的なスケジューリング

フリーランスとしての仕事を順調にこなすためには、スケジューリングが肝になります。これがうまく回せないと、自分の首を絞めるだけでなく、最悪の場合はクライアントに迷惑をかけてしまったり、信用が失墜したり、自分自身が体を壊すことになるなど、フリーランスライフの継続が危うくなることすらあります。 詳しく読む

フリーランスの価値を上げるテクニック

立場の弱さや収入源を失うかもしれないという恐怖心などから、つい弱腰になったり卑屈になったり下手に出すぎてしまうフリーランスもいますが、それではいつまで経っても自分自身の価値を上げることはできません。謙虚であることと安売りすることは違います。無茶な値引き交渉に応じてしまったりすることのないよう、自信をもつことも大切です。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーランスになるには?

フリーランスのデメリットは、会社員に比べて社会的地位が圧倒的に低いこと、そして収入が不安定であることです。社会的信用が高く、毎月一定の給料も入る会社員のうちに準備しておけることは準備しておきましょう。フリーランスになると、あらゆることを自分ひとりの力でこなしていくことになるという覚悟も大切です。 詳しく読む

フリーランスになるとはどういうことなのか

「フリーランスになること」は誰にでもできますが、「フリーランスという働き方を維持継続する」となると、簡単なことではありません。手に入る自由と同時に、それ以上の責任を背負うことになる覚悟が必要です。フリーランスになってみて初めて、自己管理の難しさに気付く人も少なくありません。 詳しく読む

フリーランスのジャーナリスト

インターネットが普及したことにより、ジャーナリストやライターなどの職種もますますフリーランスとして活躍しやすい環境になっています。その分、競合も多いレッドオーシャンであることは認識しておく必要があります。プロのフリーランスとして活躍、成功するためにはそこそこの文章が書けるだけではまったく太刀打ちできません。 詳しく読む

ページトップ
Copyright © 2015 フリーランス職種百科 All Rights Reserved.