プログラマやSEなど、IT系エンジニアはフリーランスに最適な職種です

フリーランス職種百科

あらゆる職種でフリーランスが活躍中です!

最新の記事
カテゴリー

フリーランスのエンジニア

フリーランスのエンジニア

LINEで送る
Pocket

プログラマの枠にとらわれない

フリーランスでプログラマとして活躍するという場合、基本的には社内プログラマと同じように、システムエンジニアが設計したシステムを実際に構築するべく、正確なコーディングを行って、それが無事期待通りに動作することをテストして、バグを取り除くまでが仕事になります。ただし、プログラム言語が何種類もあるため、システムによって使い分けられるそれぞれのプログラム言語に精通しており、かつ難なく使用できるだけのスキルが求められます。もっともフリーランスの場合には、小規模の企業体からの依頼によって、システムエンジニアの仕事もまとめて受注することも少なくありません。従ってプログラマという枠に閉じこもることなく、自らシステムエンジニアとしてのスキルと知識をも吸収し、使いこなす貪欲さが必要です。またそうすることによって、フリーランスとしての仕事の幅も人脈も広がり、あるいは報酬も上がるというものです。

システムエンジニアには人間力も

システムエンジニアといえば、コンピュータシステムの設計やそれに基づくプログラムの開発工程の管理を主業務としています。その実現のためには、まずクライアントのニーズをしっかりと聞き取って、期待通り、あるいはそれ以上のシステムを設計し、それをクライアントが受け入れやすいようにわかりやすく提案できなければなりません。従ってシステム設計のための専門的なスキルや知識はもちろんのこと、高いコミュニケーション能力が求められるのです。もちろんその後のプログラムを開発する工程においても、プログラマをはじめとする様々な専門スタッフとの共同作業を、スケジュール通りに円滑に進めるためのコミュニケーションが欠かせません。仮に開発工程に遅れが生じるようであれば、その解消に向けた何らかの策を迅速に講じるべく判断しなければなりませんし、解決困難な不具合が見つかれば専門スタッフ総出で原因究明に乗り出す先頭に立たなければなりません。その一つ一つの地道な積み重ねによって、無事納期に間に合わせてイメージどおりの完成品を納入できれば、クライアントと開発現場の双方からの信頼を獲得することができるのです。

フリーランスは入金確認までが仕事

そしてフリーランスにとって忘れてはならないのが、クライアントから正当な報酬を受領するという仕事です。最初の見積もりから二転三転するようなプロジェクトの変更があった場合には要注意なのですが、フリーランスは資金回収も基本的に自分で行わなければなりません。クライアントに対して遠慮しがちな立場ではありますが、自らの仕事の正当な対価として請求すべきは請求し、お互いに気持ちよく仕事を終了したいものです。

最近の記事

フリーランスのエンジニア

プログラマやシステムエンジニアなどのIT系エンジニアは、業界全体的に常に人材不足に悩まされています。また業種的な特徴として、雇用するよりもフリーエンジニアを起用する方が合理的なケースも多いことから、今のところフリーエンジニアのニーズは途絶えることがありません。 詳しく読む

フリーランスに効果的なスケジューリング

フリーランスとしての仕事を順調にこなすためには、スケジューリングが肝になります。これがうまく回せないと、自分の首を絞めるだけでなく、最悪の場合はクライアントに迷惑をかけてしまったり、信用が失墜したり、自分自身が体を壊すことになるなど、フリーランスライフの継続が危うくなることすらあります。 詳しく読む

フリーランスの価値を上げるテクニック

立場の弱さや収入源を失うかもしれないという恐怖心などから、つい弱腰になったり卑屈になったり下手に出すぎてしまうフリーランスもいますが、それではいつまで経っても自分自身の価値を上げることはできません。謙虚であることと安売りすることは違います。無茶な値引き交渉に応じてしまったりすることのないよう、自信をもつことも大切です。 詳しく読む

おすすめの記事

フリーランスになるには?

フリーランスのデメリットは、会社員に比べて社会的地位が圧倒的に低いこと、そして収入が不安定であることです。社会的信用が高く、毎月一定の給料も入る会社員のうちに準備しておけることは準備しておきましょう。フリーランスになると、あらゆることを自分ひとりの力でこなしていくことになるという覚悟も大切です。 詳しく読む

フリーランスになるとはどういうことなのか

「フリーランスになること」は誰にでもできますが、「フリーランスという働き方を維持継続する」となると、簡単なことではありません。手に入る自由と同時に、それ以上の責任を背負うことになる覚悟が必要です。フリーランスになってみて初めて、自己管理の難しさに気付く人も少なくありません。 詳しく読む

フリーランスのジャーナリスト

インターネットが普及したことにより、ジャーナリストやライターなどの職種もますますフリーランスとして活躍しやすい環境になっています。その分、競合も多いレッドオーシャンであることは認識しておく必要があります。プロのフリーランスとして活躍、成功するためにはそこそこの文章が書けるだけではまったく太刀打ちできません。 詳しく読む

ページトップ
Copyright © 2015 フリーランス職種百科 All Rights Reserved.